読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

another-place ver.3.1+

立ち止まっていると転びはしないけど、新しい世界には踏み込めない

h.ear in Wireless MDR-EX750BTを購入しました

f:id:ergodic:20160416142733j:plainお医者さんの聴診器のような形ですが、カナル型ワイヤレスイヤホンです。

最近はXperia Z5とハイレゾ対応のノイズキャンセリングイヤホンを接続して、お出かけ時は音楽聴いたりしていることが多いのですが、やはりコードがあると不便なんです。スーツの内ポケットにXperiaをつっこんで端子につなげたコードが両耳までのびてる状態。コードがちょっと長いこともあって、格好が悪いんです。スマートじゃない!あと、不意にコードをひっかけてびっくりすることもあります。そうするとやっぱり、Bluetooth接続できるイヤホンが欲しくなるのです。

ということで、先日ソニーストアで購入したのがBluetooth接続なハイレゾ対応のイヤホン、h.ear in Wireless MDR-EX750BTです。Bluetooth対応のイヤホンとしては22,000円くらいなので高いですね。でも、ハイレゾ音源の再生に対応(付属のコードをつなげて有線で使用する際のみ)、A2DP、apt-Xだけでなく、LDACのコーデックに対応したBluetooth4.1(power class2)ってことで、それ相応な機能を装備しているし、何よりもNFCもついているので、ピコリンとXperiaとタッチすることでペアリング完了するお手軽さも素敵です。

LDACはソニー独自の高音質コーデック対応です。どうしてもBluetoothだと音がこもってしまうというか、クリアな感じがしないのです。LDACだとハイレゾ音質とまではいかないまでも、それなりの転送帯域をカバーしてくれるので、Bluetooth接続時の音質がかなり向上します。せっかく、再生側のXperia Z5が対応しているのに、コレを使わないなんてモッタイナイです。普通に聴く分には違いがあまり気づかないのですが、直後にLDAC非対応のBluetooth接続のものと聴き比べてると差は歴然。音に圧力あるというか、どう表現すればいいんですかね?もうこれ経験すると戻れません。そして、自然とハイレゾ音源の楽曲を買い漁りはじめているのは言うまでもありません。。。

f:id:ergodic:20160416142944j:plainパッケージ。さすがに20,000円以上するモノですからしっかりとした化粧箱でおしゃれです。そして、選んだ色は無難にブラック系とかにすればいいものを、まさかのシナバーレッド。通勤時、スーツとか着て使う機会が多いというのに、アンマッチな色を買ってしまいました。目立つ色です。いやいや、黒系スーツとレッドは相性的にはいいような気がします(そう思い込んでここ数日使ってますw)。

ちなみに、ネックバンドを首にかけてバンドの両端からのびるイヤホンというのって、なるほどーって感心します。なんでこれまでこういうのがなかったのか?的な。XperiaBluetooth機器間はコードレスになっても、どうしてもBluetooth機器のイヤホン端子差し込んで、コードがベローンってのびている状態になります。結局コードが前に垂れている使い方になるので、有線接続とあまり変わりません。

でも、MDR-EX750BTだったらそれが解消。不意に引っかかったりすることも少ないです。まだ使って少しの期間ですが、引っかかることはないです。これだけでも、買う価値あります。そして、首にかける形なのでオーバーヘッド型ヘッドホンのような重さは感じることないのと、コードがゴチャっとカラまることもないですし、ちょっと耳から外しても落ちることがないのはホント便利です。

一つ残念なのは、これにノイズキャンセリング機能も付けてほしかったこと。同時に発売されたオーバーヘッドタイプのh.ear on Wireless NC (MDR-100ABN)には付いているので、もしかしたら後継のものにはついてくるかもしれませんね。そしたら、買い替えすることでしょうww。とはいえ、充分お気に入りの一品です。  

広告を非表示にする