another-place ver.3.1+

立ち止まっていると転びはしないけど、新しい世界には踏み込めない

auデータシェアで毎月のパケット使用量がちょうどいい

f:id:ergodic:20151024133848j:plainauスマホタブレットで「データシェア」契約してます。

今年の夏から始まった「データシェア」はauで同一名義契約のLTEスマホタブレット間でパケットを言葉通りシェアできるサービスです。契約上、auの場合はデータ通信の容量が小刻みに2,3,5,8,10,13GBと選択できるものの、カケホとデジラ以前はパケット契約が7GBであったこともあり、8GBだと多いし、5GBだとちょっと少なくて気にしながら使わないといけません。この「データシェア」でタブレットの2GB契約とシェアして合計7GBのパケットが確保される計算なので、量がホントちょうどいいのです。

自宅がauひかりなので、端末は家族みんな基本auスマートバリューに入る囲い込み戦略にどっぷりはまっています。家族ぐるみですべてauにお世話になります。ぼくの場合は自分用のメイン端末が先日機種変更したiPhone6sで、プラスしてXperiaZ4 Tabletを持ち歩いています。「データシェア」はタブレット契約した夏にこのサービスも合わせて契約しました。タブレットの契約としては「LTEフラット for Tab ds(L)」というので、データシェア専用のプランで、データ定額プランの月間データ使用量が2GBという、そもそもスマートフォン側のパケットをあてにしたプランになっています。これと、普段のiPhone6sの5GB(キャンペーンで1GB増量して今は6GBですが)と足して2+5=7GB(今は2+6=8GB)をこの両方の端末でシェアして使うことができるようになります。

これによって、iPhone6sからすると、実質7GB(今は8GB)使えることになるので、気にすることなくいじれるようになります。5GBと比較するとこの差は大きいです。タブレットのほうは外出先でちょっと開いて使ったりするタイミング以外はそれほどパケットを消費しませんし、もし使うとしても、2GBではなく7GB(今は8GB)の範囲で使えるのでこちらも全く問題ないわけです。

これまで5GB契約で使っていたときは、月の後半になると残量を気にして外出中はあまり使わなかったり、アプリのダウンロードや動画はできるだけ自宅のWi-Fi環境でという変なストレスがありました。めったに速度制限になっちゃうことはないのですが、このちょっとしたストレスが嫌なのです。まぁ、ぼくの使い方(ゲームはしないが通勤時間帯に動画見たりもします)で5GBって多いように思うが、気にしないで使っていると足りなくなる微妙な数字です。速度制限を避けるために親のスマホからこれまたauの「データギフト」機能を使ってもらったりということもしてました。でもこの「データシェア」してからそれはなくなりました。親はあまりパケット通信しないに、移すために契約を5GBとか保険にして契約していた経緯もあるので、このタイミングで少ないパケット量の契約に変更もできてお財布にもやさしいです。

もったいない使い方をしているのに気づくので、その時々の使い方を振り返って変更していくのが大事です。あ、ちなみにぼくはあまり通話しないので、スーパーカケホ(通話時間5分以内だったら追加料金発生しないやつ)に今月から変更しました。まぁ、ぼくの場合はもうauの施策にどっぷりはまっているいいお客なので、選択の余地はあまりないものの、こうやって契約の工夫をすることで、料金面だけでなく利用感も含めて考えると、昨今話題の格安SIMサービスにしなくても意外と既存キャリアでも費用対効果は大きいのではないかと思います。

広告を非表示にする