読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

another-place ver.3.1+

立ち止まっていると転びはしないけど、新しい世界には踏み込めない

ブログを再開させた理由

ブログを書き続けるのは、それなりにネタが必要です。昔はほんと赴くままに毎日何かしら更新せねば的な衝動に駆られて書き続けたものです。時には愚痴も書いたりしました。そんなこと悩んでたのかーとか。振り返ってみると、喜怒哀楽が読んでいるとわかる内容で、今読むとある意味恥ずかしい限りです。

今回、ブログを再開したきっかけはここにあります。

 ふと思ったのは、最近じぶんは何を考え、何を試み、どんなことを知ったのか?感じたのか?を記録に残さないと、次のじぶんが目指すべきものが何なのか?を知ることができないのではないだろうか?という不安からです。過去を知り、分析することで、じぶんの行動範囲が見えてくるし、見えていないものが何かもわかるし、それを知りたくなるものだと考えたりします。

そんな折、半年前から始めたタスク管理。毎日、淡々と仕事こなし、淡々とタスクを片付け、時にはうまく仕事が回せずイライラしたり、成果が出なかったりという状況でした。それが、ちょっとしたタスク管理、しかも単にTODOリスト管理じゃなくて、タスクシュート術によるタスク管理をし始めました。日々のタスクをただとり続けているだけなのに、振り返ることで、じぶんはどれくらいの量でキャパオーバーになり、何が考慮不足だったか、じゃぁ、どうすればいいか?という改善につながる動きをする癖がついたのか、今では以前のイケテナイ状態からは脱した感があります。

仕事スタイルについてまわりからも、「ちょっと変わった??」と言われたり。少しずつ成長実感を得はじめています。たったそれだけを始めただけなのに。記録を録ることはじぶんでじぶんを知ることができる手段なんだと思います。そして、そんな記録置き場として「ブログ」はとてもいいツールだと思います。

ネタはいたるところに転がってますから。毎日何かしら考えて行動して、結果を得ているのです。その結果から何を学び、将来に活かすか?そこに新たなじぶんが見え隠れしてきます。

記録を録ることは新しい世界に踏み込むための指南書になる。

広告を非表示にする